ballsdog.com

昭和の時代   団塊の時空間...気の向くまま...趣味フルスロットル!
   アナログ、鉄の時代、木の時代、紙の時代....!

 「Jeep J56」 ・・・ダルマジャッキ?

 写真の後方に写っている
三菱ジープ J56 ガソリン 2400㏄
これに搭載されていたジャッキです。
記憶は確かではないけど、、、この形を
「ダルマ型ジャッキ」と云う?

 昭和のデザインはいいですね〜。
機構も加工も部品点数も簡単カンタン
底部のかさ歯車は鋳物のふきっ放しで
グリスを切らさなければ結構良く回る
 
 昇降用の台形ネジの小さな欠片にて
動きが悪くてオーバーホールしました。
可愛いジャッキ,,,,,(記)2012.11.26


 「アルミのやかん」 ・・・たたき出し!

 これは貴重品です。
終戦後の物不足の時代に板金職人が
何かの材料を転用し、たたき出しで
造った「ヤカン」と聞きました。

兎に角、形状が最高! いい形です。
ヤカン全体にうろこ状のハンマー痕と
取っ手の優雅なアーチも蓋に付いてる
木製の摘みも、これ又 昭和仕事師の
粋な作り込み「気質」を感じてしまう!
 
本当に、いい仕事してますねぇ~。
      ,,,,,(記)2011.06.14


 「ライオン印」こしあん
 二五本入...木箱その1

 終戦後の木箱です。
リンゴ箱、みかん箱はお馴染みですが
この「こしあんの木箱」は小売店向け
の発送用ですね!
昭和19年に社名変更したと
大阪 橋本食糧工業株式会社
、、、と云う事は60年以上経っている?
昭和30年頃は「炭酸まんじゅう」を
各家庭で造り蒸かして食べていた。
あ~、懐かしいなぁ~!
      ,,,,,(記)2011.05.28


右は「浦島印」さらしあん 
 百本入...木箱その2

 この木箱は右から読むので
戦前のものでしょう。
よって、65年以上は経っていて
これも小売店向けの発送用木箱。
残念ながら
当時のメーカーは不明
いずれにしても....
饅頭、おしるこ、和菓子の全盛期!
「こしあん」と「さらしあん」の違い?
良く判らんです。...(記)2011.05.28


化粧用 ライオン徳用石鹸
 詰合 十打詰...木箱その3

これも右から読むので終戦前もの
東京 ライオン石鹸株式会社
大正8年~昭和15年までの社名
のようだ。。
 その後ライオン油脂株式会社に
現在はライオン株式会社かな、
箱ひとつでライオン社の歴史を
知る事ができました。。

又、歯磨き粉では大分お世話に!
    ...(記)2011.05.29


萬年筆用 ライトインキ
 ニオンス 十二打入...木箱その4

これは左から読むので終戦後もの
篠崎インキ製造株式会社
昭和20年以降でしょうね。

 この木箱を発見したところに
インキ瓶がその当時のままごっそり
出てきたのでビックリ!
ある日突然ペンとインクが「ボールペン」
に代わり、そのまま化石状態になって
時間は止まったままでした。
    ...(記)2011.05.30


 「ひかりと色ガラス」 ブイ・・・浮き玉!
 この緑色のガラス・ブイは東北一周の
車旅途中に青森県の十三湖付近の海岸に
流れ着いていたものを持ち帰った。
いわゆる漂流物ですが、ラッキー!
太陽光に当てると、グリーンが綺麗だ!
穴を明けて中に電球を組込みインテリア
として人気があるようです。

ところが現在はプラスチックに代わって
海岸の悪玉ゴミで始末に困る嫌われ者に
  まったく味気ない。
        ,,,,,(記)2011.02.01


 「ひかりと色ガラス」
     ・・・薬品瓶!

 これらのガラス瓶は獣医師の
親父が診療で使用してたもの。
薄いブルーの瓶は確か蒸留水用
手前の透明の広口瓶は疾病内臓
のサンプルをホルマリンに漬け
研究用として保管してたもの。
茶色の広口小瓶はクレゾール等
の消毒薬を小分けにして使用。
余談、クレゾールの灌木はカリフオルニア州
デスバレー付近の砂漠に自生してた。
        ,,,,,(記)2011.02.01


 「羽子板」 ・・・羽根つき!
正月の遊びと云えば羽根つき、凧揚げ
双六、歌留多と相場が決まっていた。
私も昭和30年頃まで遊んだ記憶がある
しかも、学校で羽根つき大会も開催し
大いに盛上った。
その後、羽根つきバトミントンに取って
代わり羽子板は遊びの世界から消えた。

よごれてもきれいにふける
   ラッカー  プラスチックぬり。

当時も品質に苦慮してたみたいです
羽根は山茶花の実と鶏の羽根かな?
       ...(記)2011.01.31


 「新高製菓」 ミルクキャラメル!
今は無き新高製菓のキャラメルの函を
蔵の中で発見しました!(...蔵は2010年解体)
    
昭和20年代の我々は「5円か10円」持ち買って
食べたキャラメルだが、この箱のデザインは
まったく記憶にない。
これは「戦時中」に生産された物かと想像します。
私は戦後派ですから記憶になくても仕方ないか
やはり 森永製菓の黄色の箱とエンジェルと
バンザイのグリコの赤い箱の方が印象が強い。
(今でも時々キャラメルは買って舐めてます)
昭和史資料館では良く見かける子供の絵ですが
有名な画家の絵でしょうかね。
羽子板、子供雑誌などに多く見かけます。
   ....(記)2011.01.30

 「ルメラャキクルミ」 菓製高新....?
 ポケット用壱百函入 成ほど右読みです。
工場は、「台北・東京・大阪・大連」に在った
ようです。
台湾が植民地だった頃の時代でしょうね!
察するに、物が無い時節にて箱をそのまま
商品棚に置けるようにサイドの文字が逆に
印刷してあり、現在のエコとかリサイクル
だったと想像します。
.....でも、煙突からモクモク煙たなびく
ところは当時の勢いの象徴だろうな!
   ....(記)2011.01.30


 「グリコ GLYCO」 GLICO!
グリコキャラメル箱になる前?
2食刷り印刷途中のプリントを発見しました!
  美味榮養菓子  一粒三百メートル
昭和3~20年位のデザインと思われる箱の絵柄
この箱のランナーの胸にある「GLYCO」を見ると
グリコのリが「LI」でなく「LY」と「Y」である
これは気が付きませんでした。
 私は昭和23年生まれ、出産祝いに頂いたアルバム
に幼少期の写真を親が貼り保存してた。
最近、これ等の写真をPCに取込むデータ化中
このアルバムの表紙が経年劣化し台紙が剥が
れて、中から補強として貼ってあったこの
印刷途中の紙が出てきました。
 歴史を物語る文言が多数印字され日本の
時代背景が良く見えます。
グリコ工場に「大連・奉天」と有り終戦で
この2工場も閉鎖し共にこのデザインの箱も
廃止され、又不要になったプリント紙は
物不足も相まって製本の際、表紙の補強材
としてリサイクルされたと想像する。
思いがけない逸品にオドロキ
65年間の眠りから覚めた!...(記)2011.05.12

 「場工コリグ」 賞臣大工商....?
商工大臣賞 コレマタすべて右から読みです。
工場は「東京・大阪・大連・奉天」に在ったようだ。
そして、円グラフは1グラム当たりの力の比較だった
とは今日まで知らなかった!
成分表示が記載されてると思っていました。
   あははっ!
左は赤色だけ、右は黒色追加の2色刷り。
   ....(記)2011.05.12


 「東芝和文タイプライター」
    完全手動・経験・熟練型マシン!

入手したのは 1987年の秋このころワープロなるものが
流行り出して、アナログの機械式事務機器は電子化の
波に押され次々と廃棄され、リサイクルショップに並ぶ。
 暇つぶしにショップに入ると目に留まったのが「これ」
500円で持帰り、老舗の文房具店でガーボンテープを
購入し取付けて、早速試し打ち。
ドラムに2千語ぐらいセットして有り、音読みで選択する
予め文章がなければ難しい作業だ。
               ....(記)2011.02.14


 「KOZ 万力」
    一家に一台万能マンリキ!?

 鐵・鐡・鉃・鉄の時代に産まれた製品ですが
流行り廃れとは無関係の長寿命アイデア商品
万力は100年以上も原型を維持してると勝手に
思っていますがどうでしょう?
 兎に角、一台あると便利ですよね!
妙な話ですが、この万力は解体直前の「文具店」
の蔵に埃かぶり眠っていたのを頂いてきました。
写真の通り、リビルトしまして再活用します。
手前の小さいレバーを倒すとギヤがフリーに成り
大きく開くとき便利な機構付きです。
        ....(記)2011.02.18


戦前?戦後? 昭和20年付近の輸入品木箱?
   日本代理店輸入品でしょうか?  

   12.1 GAL.- TINS
DIAMOND BRAND
     G
   COTTONSEED
 SALAD OIL
   MADE IN U.S.A
GETZ BROS.& CO,
 SANFRANCISCO,USA


    ....(記)2011.05.31


Top ballsdog *** mail
 ballsdog.com に掲載の写真、記事等の無断転載を禁じます。